静岡

日本一深い「駿河湾」

日本一の高さを誇る富士山が聳え立つ静岡県。そして、その富士山の南側には、これまた日本一として誇れるものが広がっています。

そう、それが駿河湾です。

三保松原

清水区の三保松原

堂ヶ島

西伊豆の堂ヶ島

沼津港の水門びゅうお

駿河湾の海岸線には多くの景勝地があり、温泉もあり、新鮮な海産物を楽しめます。

 

日本一の深さ

駿河湾は、伊豆半島最南端の石廊崎(いろうざき)と遠州灘東端の御前崎(おまえざき)を結ぶ線に囲まれた海域です。湾の深さは、最深部で2,500mに達し日本の湾の中では一番深い湾となっているのです。

日本で湾の深さが駿河湾につぐものとして、相模湾の1,300m、富山湾の900m、鹿児島湾の200mがあるが、ほかの湾で深さ200mを超すものはないのです。

湾口幅は約56km、奥行は約60kmで、海域面積は約2,300㎢になります。

 

特徴的な地形

海底ではフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に潜り込み続けていて、駿河湾の真ん中には南北に細長く伸びた溝が形成されています。

この溝が“駿河トラフ”と呼ばれ、トラフとは日本の昔の船の底のような形をした地形で船状海盆ともいいます。

また、駿河湾の沖は急に深くなる地形のため、幾重にも水槽が積み重なっています。その特異な地形のため、多種多様の深海が生息している要因となっています。

黒潮と親潮がぶつかり合う境界域に近いため、暖流系の魚、寒流系の魚が湾内に入り混じっています。

 

多様な深海生物

日本の魚類は淡水魚を含め約2,300種といわれ、そのうち約1,000種が駿河湾に生息しています。

イワシ、アジ、サバ、等のほか、水深200m以深にはサクラエビやタカアシガニなどの深海生物が数多く生息しています。

鮮度バツグンの海産物

駿河湾の海産物では、代表的なものでアジの干物、タカアシガニがあげられると思いますが、

その中でも、私がおススメしたいのが、生シラスと生桜えびです!!

鮮度が保ったまま漁港に水揚げされ、すぐに店頭に並べらるのですごく新鮮な状態で食べられます。

 

フェリーで駿河湾を横断

静岡県民、山梨県民の方限定で駿河湾フェリーの半額キャンペーンやってますよ!

8月31日までなので夏の思い出にいかがでしょうか!?

超お得【7/1〜8/31半額キャンペーン】 | 駿河湾フェリー

駿河湾フェリーは、7月1日(水)から、運航を再開します。   旅客運賃、車両航送・二輪運賃、周遊運賃が、普通運賃から半額! 小人:1,150円⇒580円(小学生)ほか 車両:6,300円⇒3,150円(普通車:車長4~5mの場合) ※車両運賃には、運転手1人分の旅客運賃を含みます。 ※車両は、長さによって、運賃が異なります。 ...

 

日本一高い富士山、日本一深い駿河湾がある静岡県には数多くの観光地があります。

これからその場所を巡ってスポットで紹介して参りますので、ご期待ください!

 

-静岡

Copyright© ゆあプレ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.